新潟産コシヒカリや、ミルキークイーンの産地直送通販なら 【熊倉農園】へ。お気軽にお問い合わせ下さい。(^^)/

コシヒカリ、ミルキークイーンの熊倉農園トップ > 普通米作りと低農薬米作りの違い

普通米作りと低農薬米作りの違い


普段何気なく食しているお米には、多くの農薬が使用されていることをご存知でしょうか。熊倉農園では農薬が人間に与える影響を考え、特別栽培米のコシヒカリ・ミルキークイーンを販売しています。サイト内では、コシヒカリとミルキークイーンの残留農薬検査結果も掲載しています。安心・安全のお米が食べたい方は、ぜひ熊倉農園にてお米をご購入ください。

しかし、普通米作りと低農薬米作りの違いが分からないと安心・安全に食べられるお米かどうかの判断はできないはずです。そこで、農薬の危険性と低農薬米作りについてご紹介いたします。

農薬の危険性

農薬は人間に害を与える場合がありますが、利点も色々とあります。お米を育てる際は、害虫や雑草が発生します。農薬は、その害虫や雑草からお米を守ってくれます。
また、お米の品質を安定させたり、長期保存が可能になったりします。
そして、大きな労力を消費せずにお米作りに専念することが可能です。

しかし、人体への害は心配だと思います。小さなお子様がいるご家庭なら尚更です。
では、農薬が人体に蓄積されるとどのようなことが起きるのでしょう。
仮に急性中毒が起きてしまった場合は、命に関わる危険性があります。
ですので、農薬から身を守るためにも、私たち自身も農薬について学ぶ必要があります。

低農薬米作り

前述で農薬の危険性がお分かりになったことでしょう。しかし、農薬などの化学肥料を使用せずにお米の栽培をすることは非常に困難です。ですので、熊倉農園では最低限の農薬を使用しております。農薬の使用量を最低限にまで抑えており、残留農薬検査の結果、検出はされていませんので安全性が高いといえます。

このように、普通栽培のお米作りと比べると低農薬のお米を作るには何倍もの手間がかかっております。ですので、ぜひ熊倉農園のコシヒカリ・ミルキークイーンを召し上がってみてください。




コシヒカリ・ミルキークイーンの発送方法等

⇒コシヒカリ・ミルキークイーンの通販【熊倉農園】HOME
</